前へ
次へ

社員研修で習熟度を確認する為のチェックリスト

社員研修を行う時は、従業員の習熟度も見極める必要があります。
社員研修を行う目的の1つは、新入社員に対する教育です。
業務スキルを覚えてもらう為の社員研修も多いですが、果たして新入社員はスキルを覚えてくれたかどうかは、常に確認する必要があります。
研修で指導をしても、新入社員がスキルを覚えていないようでは困ります。
では、どうやってスキルの習熟度を確認すれば良いかと言うと、企業によってはリストを作成していることがあります。
習熟度のチェックリストです。
そのリストには、新入社員の習熟度に関する見極め項目が箇条書きで書かれています。
新入社員の行動をよく観察して、そのチェックリストに書き込んでいく訳です。
リストを使って一つ一つの項目を確認していけば、漏れも生じづらくなります。
そのリストに書き込んだ内容を参照して、新入社員にフィードバックする事もできます。
チェックリストを作成するのは手間はかかりますが、習熟度を確実に確認する為にも、作っておく方が良いでしょう。

Page Top