前へ
次へ

社員研修で活用されるタブレットとそのメリット

多くの企業では、社員研修の際に紙媒体の資料を使用しています。
グラフや表などが書かれた紙の資料を使って、研修を行っている企業も多いです。
ただ最近では、タブレット端末を使って社員研修を行う企業も増えてきました。
実際タブレットには大きなメリットがあります。
例えば利便性です。
タブレット端末を使用しますと、過去情報を調べる事ができます。
過去の研修で何を教えたかが記録されていますし、それで復習をする事もできます。
また確認テストやフィードバックに関するメリットもあります。
研修では、学んでいる従業員にテストを課す事もありますが、紙媒体の資料よりもタブレットの方が便利です。
一斉配信できるので、かえってタブレットの方がやりやすい一面もあります。
またテストを行った場合、従業員に対してフィードバックを送信したくなる事もありますが、それもタブレットの方が便利です。
1人1人の従業員と面談してフィードバックする方法もありますが、やや時間がかかります。
むしろタブレットで個別にフィードバックを送信する方が、効率的です。
ですから多くの企業では、タブレットを使用して研修を行っている訳です。

Page Top